BURKINA JUDO プロジェクト


アフリカン柔道!

アフリカって遠いと思っていませんか?
世界中に広まった柔道のおかげで、西アフリカの小国・ブルキナファソでも
日本語が飛び交っているのをご存知ですか?

教育者でもあった、嘉納 治五郎の創設した柔道。
「精力善用」「自他共栄」と言う2つの基本精神を中心に「柔道」は今や「JUDO」となり、世界中に広まっています。


プロジェクト概要

BURKINA JUDO プロジェクト

目的

ブルキナファソの子ども達(柔道家)を日本に招待し、
見聞を広めてもらいます。

グローバル化が加速する現代社会において、途上国の少年少女達にも国際交流を通した、
異文化理解の機会を設けることを目的とします。

活動趣旨

1

ブルキナファソの子ども達に日本の柔道や文化などに触れてもらう

▶ ブルキナファソの子ども達の成長を期待

▶ 帰国後、周囲への良い影響力を発揮することを期待

2

ブルキナファソと日本の子ども達との国際交流

▶ 双方の国の子ども達の異文化理解を促進

柔道(=日本文化)という共通点と、異文化という相違点を感じて、「自分」及び「自文化」の再認識を促します。

補足

本プロジェクトを可能な限り継続していくために‥‥

ドキュメンタリーとして記録しておく

▶ 国内外で活動の輪を広げるために、本プロジェクトを映像で記録
▶ 日本にブルキナファソ、ブルキナファソに日本を紹介する機会をもつ
▶ 世界中に柔道の教育的意義を知ってもらう機会をつくる

・海外、及び日本にて公開
・英語、フランス語のナレーション、日本語字幕を挿入予定
・各種海外映画祭出品予定 / FESPACO出品予定

支援

後援 ・独立行政法人 国際協力機構
・在日ブルキナファソ大使館
協力 ・サンクレイオ翼
・早川繊維工業
・コマツ
・スポーツ・フォー・トゥモロー
協賛 ・個人協賛の皆様
・一藝社
・こいずみ接骨院
・高円寺四百倍美容室
・目黒個別指導学院
・トライワークス
 他、多数

Sport for TomorrowSport for Tomorrowは、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業です。


スケジュール(予定)

2016年

1月〜5月 制作準備・交渉、等
6月 渡航 / ブルキナファソ下見・現地現地直接交渉
7月〜12月 各種調整・交渉、等

2017年

11月8日〜22日 ブルキナファソから少年少女が来日します

協賛金ページ

ブルキナファソと日本の子ども達の
国際交流を実現するために
是非、ご協力をお願いします。

柔道を通じて、少年少女達が様々な人々と触れ合い交流することによって、
異文化への理解を深め、新たな成長の一歩となります。

ご協賛金額

■企業の皆様/特別協賛
1口 5万円 × 口数

■個人の皆様/一般協賛
1口 5,000円 × 口数

◯エンドクレジットでのお名前表示(企業・団体の場合はロゴ有)
◯WEBサイト上での表示
◯協賛者名一覧を入れた映画パンフレット送付×口数(1口5,000円あたりの計算になります)
◯その他情報告知、等

※5口以上ご協賛頂ける企業の皆様には、別途対応致しますのでご相談下さい

協賛金申し込み方法

下記項目をご記入の上、メールにてご連絡下さい。
担当より、折り返し連絡させて頂きます。

申し込み先メールアドレス:info@icea.or.jp

◯貴社名(ご担当者名)/お名前
◯ご住所
◯電話番号
◯メールアドレス
◯協賛金額(特別協賛/一般協賛 × 口数=合計金額)

※パンフレット送付やエンドロールの関係上、記入漏れの無い様にお願い致します

協賛金振込み

◯口座名義人:シヤ)コクサイブンカコウリユウキヨウカイ
◯口座:西武信用金庫 千駄ヶ谷支店 普通2121897